フォームの不具合発生中です。→修正しました。

フォームから送信していただいた情報がこちらに届いていなかった問題は解決したと思われます。すみませんが、2024年にはいってから「ご注文フォーム」、「カタログ購入フォーム」でご注文頂いた方で、こちらからの返信メールが届いていない方は、お手数ですが再度お申し込みいただけますでしょうか

返信メールが届いていた場合も、情報が失われていた可能性がございます。すみませんが1/1~1/31にご注文いただいた方は、再度お申し込みいただけますでしょうか。

お手数をおかけして申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。

イベントのご案内

雪割草県の花大会 2/17(土)~2/18(日) 場所:うららこすど

雪割草全国大会 2/24(土)~2/25(日) 場所:上野グリーンクラブ

雪割草新潟大会 3/2(土)~3/3(日) 場所:いくとぴあ食花

山草フェアー 3/8(金)~3/10(日) 場所:上野グリーンクラブ

富貴蘭(フウラン)の季節ですね。そしてオタマジャクシに手と足が生えてきました。

広告
富貴蘭

富貴蘭を並べています。ちょこちょこ咲いてきています。

依然として暑い日が続きます。水やりが大切な時期です。

雨も少なく空気も乾いている日が連続すると、外のひなたにおいてある植物は、ついに1日1回の水やりではしおれてしまうようになりました。

仕方ないので1日2回水やりをします。やはり木とか、背の高いものが乾きやすいです。あとはアサマフウロ。なぜか異常に乾く。自動灌水の水がかかっていない気もします。

自動灌水のある場所ならいいのですが、手灌水だと時間がかかります。しかし、全部が全部水を必要としているわけではないので、2回目はとくに水の切れやすい植物や乾きやすいところを重点的にやり、あとはさっと濡らす程度にします。

炎天下で水やりをしていて、人間のほうがくたびれてしまっては元も子もありません。この時期の水やりはなるべく手際よく片付けて、オタマジャクシを観察したり、富貴蘭を眺めたりするようにしましょう。

富貴蘭はわりと乾燥に強いので楽でいいです。もちろんこの時期は毎日水をやってもいいですが、やらなくてもいいです。日焼けに気を付ければ、丈夫な植物でこの時期に眺めるにはもってこいですね。

あとはオタマジャクシですね。オタマジャクシのなかから、ついにカエル的な風貌に変化するものが現れました。予想よりだいぶ早い。もう少しすると全員手足が生えてきて、それはそれは大変なことになるでしょう。楽しみです。

オタマジャクシ

思ったより早く足が生えてきました。妙な格好です。

カエルになりかけのオタマジャクシ

オタマジャクシからカエルになりつつあります。発見からまだ2週間も経っていないのですが、思ったより早いです。

オタマジャクシ

気が早いオタマジャクシ。しっぽがまだついています。オタマジャクシのおちょぼ口がどのようにしてカエルのでかい口になるのか、気になります。