フォームの不具合発生中です。→修正しました。

フォームから送信していただいた情報がこちらに届いていなかった問題は解決したと思われます。すみませんが、2024年にはいってから「ご注文フォーム」、「カタログ購入フォーム」でご注文頂いた方で、こちらからの返信メールが届いていない方は、お手数ですが再度お申し込みいただけますでしょうか

返信メールが届いていた場合も、情報が失われていた可能性がございます。すみませんが1/1~1/31にご注文いただいた方は、再度お申し込みいただけますでしょうか。

お手数をおかけして申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。

イベントのご案内

雪割草県の花大会 2/17(土)~2/18(日) 場所:うららこすど

雪割草全国大会 2/24(土)~2/25(日) 場所:上野グリーンクラブ

雪割草新潟大会 3/2(土)~3/3(日) 場所:いくとぴあ食花

山草フェアー 3/8(金)~3/10(日) 場所:上野グリーンクラブ

寒暖の差が激しいです。

広告

こないだの水曜日、新潟では暑くて夏みたいだったようですが、さすが長野の原村は高原だけあって寒くて驚きました。最近は、昼間は暑くてシャツ1枚でもいいのに夜になると冬支度が必要な位に冷えます。先日も午前中はシャツ一枚ですごし、その後でストーブつけました。寒暖の差がとても激しい。ここ数日はようやく夜も多少暖かくなってきました。

寒暖の差があるのは、しょくぶつにとってはいいことが多いようです。この時期はある程度涼しいと花が長持ちしますね。本当は夏に寒暖の差が激しくなると、高山植物なんかが作りやすくて助かります。昼間は暑くてもいいから、夜に気温が下がって欲しいんですよね。実際には全国的に夏暑くなりすぎているので大変です。対策としては、夏の間植物を冷蔵庫に入れるという荒技もあります。以前それをやって、ヒマラヤの青いケシと知床スミレは無事夏越しに成功したことがあります。