催事等の案内

新しいカタログが完成しました!

10/18(水)に㈲日本山草の見本市に出店します。(入場は業者のみ)

  • お店で富貴蘭を並べています。興味のある方はごらんください。

今日の雪割草。

広告

ひょっとして降らないのか?と思ったりもしましたが、やっぱり新潟は雪がふるんですね。しかし今年、暖かいのは間違いないようで、関東などでは全体的に開花が早いそうです。幸い、こちらは雪のおかげか早すぎて困ることはなさそうです。まあ、まだ1月なのでこれからどうなるか。

とりあえず、咲いてきた花を適当に3種類ご紹介します。

ピンクの千重咲。

ピンクの千重咲。

千重咲の雪割草です。花弁がとがっておらずまん丸なのが可愛い。色もピンクでやさしい感じですが、ちょっと緑が入っているのがにくいですね。色だけ見るとそれほどインパクトのある花ではないかも知れませんが、よくまとまった秀花です。これは実生ででたもので、結構いい株になっていました。

赤の二段咲。

赤の二段咲。

つぎは二段咲。それぞれ、良い要素をもっています。これをみると、「お手頃」な花である、という感じがします。つまり、この花の各部分がさらに発展すると最高の花になりそう。つまり、色がもっと濃くなり、花弁がもっと厚みを帯びて丸くなり、二段弁がもう少しまとまって本数が増えると。そうすると「目覚」のような花になりそうな。そうした期待を抱かせてくれる一花です。

網目の千重咲。

網目の千重咲。

網目咲の千重咲。千重咲の一つのタイプとしては最高レベルの花ではないかと思います。外弁の網目模様がくっきりしており、非常に独特な花となっています。こういうタイプは結構ありますが、その中でもやっぱり優劣はあります。これはかなり、良い方ですね。

というわけで、またなにか咲いてきたらご紹介します。