催事等の案内

今のところ特にありません。9/20(水)に㈲日本山草の見本市に出店します。(入場は業者のみ)

  • お店で富貴蘭を並べています。興味のある方はごらんください。

今日の雪割草。と椿。とクリスマスローズ。

広告

今日は雪の予報でしたが、降りませんでした。でも、夕方になると急に冷えてきますね。なんだか今年は温度差が激しいような気がします。

では、先日撮った雪割草の写真をご紹介します。

最初の雪割草は、有名な「侍」という銘品です。かなり色の濃い紫に緑の色がはいり、力がつくと黒っぽい迫力のある色になります。最初は三段咲で金賞を取り、後年花が変化して千重咲でも金賞を受賞して話題になりました。ちなみに片親はうちの交配親のようです。

つぎは実生初花その1。なかなか渋い花ですが、外弁が6枚で整っていて、ちょっと白い色が入っているのが面白い。成長するとよくなっていくタイプの花田と思います。

つぎは実生初花その2。白覆輪の濃赤三段咲で、初花でこのレベルはかなり優秀だと思います。大化けする可能性を秘めています。

つぎは実生初花その3・・・これは咲いて2年目かもしれない。多弁花の千重咲で、色合いが「幽愁」に似たタイプでとても美しい花。

椿は「三顧の礼」という品種だそうです。あまりの美しさに、ついつい見惚れてしまいます。咲き始めと満開のときとで印象が変わることもよくあります。これももう少しして満開になったらとても豪華になりそうで楽しみです。

最後に、クリスマスローズのブラック。非常に良いタイプだと思いました。むかしは垂涎の的だったのではないでしょうか。いまでも、このレベルのブラックのダブルは貴重なのではないかと思います。

クリスマスローズと椿は暖かいところで咲いたものなので、新潟ではまだまだ蕾のものがほとんどですが、雪割草はじょじょに咲いてきています。まだいろいろと咲いたのがあるので、後日ご紹介します。